疲れやすい40代|改善は簡単?後半から感じる「眠い」「だるい」を解消したい

前回の記事でも書きましたが、僕はちょっと違う観点から眠い、だるいを解消することについて書いていきます。

 

これは僕自身が実践している方法です。続けていると本当に少しずつですが効果を感じています。

 

深酒をしない

これは1日の摂取量を確実に決めることです。僕は1日缶ビール1本(350ml)と焼酎を1合と決めています。

 

たまに外に飲みに行くときは多少は増えるかもしれませんが、そういった時は翌日と翌々日は飲まないと決めて、肝臓を休ませるようにしたほうがいいですね。

 

僕自身、外に飲みに行った後の2日間は飲まないようにしていますし、実際に飲まないほうが体のだるさを感じにくくなりました。

 

寝酒を控える

寝る直前にお酒を飲まないと眠れないという人もいるかもしれませんが、質の良い睡眠を邪魔することになるので、やめたほうが賢明です。

 

以前このブログでも紹介したアプリ・Sleep Meister(スリープ・マイスター)を使って睡眠の質のデータを取っても、飲酒せずに寝た日よりもデータが良かったことはほとんどありません。

 

寝酒をするよりも、ホットミルクなどを飲むようにして、自分がリラックスできる環境を整えるようにしましょう。

 

他にも寝る前に簡単なストレッチなどをして、リラックスする方法もおすすめです。僕はよく筋膜リリースをやっています。

 

休肝日を2日連続で設ける

これは僕自身、実践して7年目になるのですが、個人的にかなり効果を感じている方法です。

 

なぜこんなことをやるのかというと、一生お酒を飲みたいからです。暴飲すれば病気の原因にもなりかねませんし、肝臓を壊してしまえば入院したり、療養したりして、お酒どころではなくなり、家族にも迷惑をかけることにもなりまねません。

 

全てにおいてほどほどに、長く楽しむ感覚を持ちたいものです。

 

休日に昼から酒を飲まない

僕が昼からお酒を飲むのは、年1回の会社の花見のときだけです。

 

法事などで飲むこともたまにありますが、それ以外はお昼から酒を飲むことはしません。

 

夜勤などで昼夜が逆転していて、飲んだあとに休むのであれば良いかもしれませんが、昼から酒を飲むクセをつけてしまうと、飲む時間が極端に長くなります。

 

夜寝るまで飲み続けるなんてこともザラにあるので(20代の頃に経験済み)、こうなってしまうとダラダラ飲んで、量も増え、昼から酒を飲む気持ちよさを何度も味わいたくなるという悪循環にもなりかねません。


僕の経験ですが、20代後半の頃、休日は毎週昼から飲んでいて、結局外には1歩も出ず、夜もそのまま飲み続けるという生活をしていました。

 

そういった生活を1年近く続けていたせいで、酒代はかさみ、翌日の仕事にも身が入らず、自分自身かなり損したと思っています。

 

休日は昼から飲むという方は、早めに改善することをおすすめします。体にいいことはありません。

 

眠い・だるいを解消するには食事の比率

朝4:昼4:夜2の食事の割合

1日の食事の割合を4:4:2の比率で分けるようにします。

 

エネルギーを使う朝昼はしっかり摂って、夜は休むだけなので控えめにすることです。こうすると寝ている間に胃腸を休ませておくことができるので、朝はスッキリ目が覚めます。

 

あまりに控えすぎると空腹で眠れないこともあるので、就寝3時間前までに食事を済ませておくというのを僕は今も実践しています。

 

寝る直前まで飲み食いしてると次の朝が本当にキツいので、夜の食事は消化がいいものをゆっくりと食べることを心がけています。

 

咀嚼と食べ順

こちらの記事でも書きましたが、咀嚼は外すことはできません。よく噛んで満腹感を早めることは非常に大切だと考えています。

 

それと食べる順番も気をつけておきたいところです。

 

野菜⇒タンパク質⇒炭水化物の順で食べることは満腹感を早めますし、血糖値が急激に上がるのを防いでくれる効果もあるのでおすすめできます。

 

野菜とタンパク質をしっかり摂っていれば、炭水化物をドカ食いすることも少なくなるというのが僕自身経験してわかったことです。

 

40代の後半からは体のメンテに更に手間がかかる

10代や20代の頃のように、多少生活が不規則でも大丈夫だと安易に考えると、後が本当にキツいです。

 

この記事を読んでいただいているということは、多少なりとも自分の体力や生活リズム、体調の変化について調べている方だと思います。

 

10代や20代の頃のように生活リズムを気にせずに過ごすことはするべきではありません。

 

確実に自分にしっぺ返しをくらい、そこから抜け出すのに相当時間がかかるのはご理解いただけるはずです。

 

そのためにはバランスの良い食事を取れないなら、サプリメントなどで補充したり、体力をつけるためにも筋トレや軽い有酸素運動を積極的に取り入れて、今後のためにも「自分磨き」をするべきではないでしょうか。

 

コメントは受け付けていません。