気力がわかないときはどうする?|だるい・眠いなど、40代から急に感じ始めた方へ

僕は普段からデスクワークで、運動不足になりやすいのは承知してたんですが、あまりに放置しておくとホントに辛い目にあうので、注意したほうがいいですね。

 

ちょうど厄年の42から43くらいの時でしたが、この時期の僕はだるさや眠気と常に戦っていました。

生活のリズムと食生活を見直してみる

まずは自分の実際の生活リズムを見直してみることです。簡単に考える人もいるかもしれませんが、一口に見直すといっても、確実に把握しておくことが大事です。

 

こちらの記事でも少し触れましたが、「見える化」することです。朝起きて寝るまで、自分が取った行動を文字に書き出すことが重要です。

 

頭の中で何時くらいに起きて~と、ぼんやり考えているだけでは自分の生活は振り返ることはできません。

 

僕の場合はこの時期は外食がとにかく多く、運動不足もあったせいか、高血圧になっていたというのが原因でした。もちろん病院に行って検査してもらってわかった結果です。

 

印象に残っているのは、自分の生活をメモしたものを医者に見せて、自分の今の生活に対するアドバイスをもらったことです。

 

医者からの確実なアドバイスをもらうためには、口頭で説明するのではなく、書いてまとめたものがあればいろんなことを指摘してアドバイスしてくれます。

 

定期的な運動を行っているか

これも医者に指摘されたことです。

 

デスクワークでなかなか運動できていない状態が続きましたので、まずは週3回のウォーキングを1ヶ月続け、徐々にできる範囲で筋トレなどのメニューを増やしました。

 

すると、2ヶ月目には少しずつ体調も良くなり、快適に過ごすことができたんですよね。

 

いきなり毎日継続する運動は大変ですが、週3回とかであれば無理せず継続することができるのではないでしょうか。

 

質の良い睡眠が取れているか

これもこちらの記事で触れていますが、アプリを使って自分の睡眠の質を知ることですね。

 

今回実際に取得できたデータを載せてみます。

 

まずは良い睡眠が取れた例です。

この日は中途覚醒もなく、質の良い睡眠が取れています。睡眠効率も95.3%と非常に高い数字になっています。

 

若干睡眠時間が短いですが、こういった時は会社での昼休みに15分ほど眠るようにしています。

 

次に良い睡眠が取れなかった例です。

この日はものすごい胸焼けがしてなかなか寝付けなかった日でした。

 

4時前に一度目が覚めてしまい、その後ほとんど眠ることができなかったため、以上のようなデータになっています。

 

深い睡眠も40%程度で、眠りにつくまで50分以上もかかっており、この日の仕事は非常に辛かったですね。

 

 

和宏

博之さん、タバコっすよ、タ・バ・コ。

タバコやめればもっとよく眠れますよ。

博之

一応節煙やってんだよ。数はだいぶ減ったんだけどね。

とにかく夏までには禁煙の目標立ててるよ。

 

 

40代から急に体調の変化を感じる?

うまくストレスの発散ができない

気力がわかないのはストレスが原因の場合もありますよね。

 

うまく発散できない人がたくさんいて、性格にもよるかもしれませんが、とにかく溜め込んでしまう人も多いのが現状です。特に40代を過ぎると会社での立場がベテランのポジションになっていることもあり、上司からも部下からもいろんな問題を受け止める時期です。

 

とにかく仕事のことで考えこむことが多々ありました。


ただ、僕の場合、この点に関してはうまく発散できていたのではと感じています。

 

趣味で絵を描いたりするのもありですが、まず、悩み事、心配事をなくすことから始めてみるのも一つの方法です。

 

悩み事や心配事もこの記事でも書いたとおり、一度文字に起こして見える化すると非常にわかりやすいです。手に取るように自分の頭の中がわかります。

 

これはラグビー日本代表がメンタルコーチに指導されて実際にやっていた方法です。ワールドカップで南アフリカに勝ったときも、試合の3日前にメンタルコーチが選手一人一人に課題を与え、個人面談をしながら不安を解消させていたことは有名な話です。

 

悩み事や心配事というのは、実際に文字にしてみると、自分の思い込みすぎや取り越し苦労など、自分自身で勝手に作り上げて自分の中に溜め込んでしまうことがやたらと多いんですよね。

 

ストレスとして溜め込んでしまう前に、自分の脳の中を文字に起こしてなんでも書いてみる、これホントに大切です。

 

すると「なんだこれ・・・」と自分で思うようなことが結構出てくるもんです。こんなことで悩んでたんか・・・とわかれば、「たいしたことなかったなぁ」と思うようになれるはずです^^

 

夜にラブレター書いて、次の朝に読み返してみたら「何でこんなこと書いてんだ・・」と思ったことはないでしょうか。このケースと似てるかもしれませんね^^;

 

和宏
ですよねぇ・・博之さん、車と絵のことになったらテンション高いっすもんね。

他に何も考えてないんじゃないかって思う時ありますよ。

博之
人をアホみたいに言うんじゃないw

 

病院で検診してもらうと意外な原因に辿り着くことがある

これは僕の嫁さんのことなんですが、以前にだるさや眠気がひどい時期があったんですよね。

 

嫁さんは専業主婦で、僕よりは確実に規則正しい生活をしています。夜更かしすることもなく、毎日の犬の散歩で運動もしています。

 

食生活も外食もほとんどありません。(家族で行く外食くらいです)

 

ある日、犬の散歩にも行くのがキツいと言い出したので、病院に連れていきました。

 

結果は「低血圧」だったんですよね。女性の場合は特になりやすいみたいで、ひどくなると普段の生活にかなり支障が出るそうです。

 

薬をもらってしばらく飲んでいたら、何事もなかったようにスッキリしてなんでもこなしていました。


生きているといろんなストレスや不調がありますが、考え込む前に見える化し、自分の頭の中としっかり向き合ってみるのも1つの方法ではないでしょうか。

 

気になるならば病院に行ってしっかり検査してもらえば、自分の今の体の現状もわかりますし、改善点も見出すことができます。

 

今回の僕の体験が訪問者の方の参考になればうれしく思います。

 

コメントは受け付けていません。